WiLLPLANT.Ltd

Our service

WiLLBLOG

YouTube用のジングル制作ってどう作るの?

  • YouTube
  • ジングル制作
  • 映像制作

弊社ムービークリエイターの采女愛華にジングル制作についてアレコレ聞いてみました!

 

01.そもそもジングルってなに?

オープニング映像・ジングル制作とは

"テレビやラジオなどの音声・映像メディア全般で、 場面の切り替わりなどを分かりやすく伝えるために再生される短い音源のことを指します。"

 

つまり場面切り替えの際に流れる短ーい箸休め的な映像ってことです

 

 

02.動画にジングルを入れるメリット

一言で「なんかかっこいい」これに尽きるのではないだろうか。
むしろそれ以外になんかあるの?(いやあるだろう笑)

単純に映像の中にリズムが生まれ、
観てる側も飽きずに視聴できるというのが
大きなメリットだと思う。
あとかっこいい。(何回言うの)

かと言って多用しすぎると
しつこく感じられるため使用場所は限られるとは思う。

主に、オープニングトーク ジングル 次のテーマへ、、
のように使うパターンが多い。
昨今のyoutube動画では長尺でテーマが
たくさんあるような動画より、一つのテーマに絞って
簡潔にまとめる映像が多いので、
使いどころと言えば一つの動画に対して1、2箇所だとは思う。
それしか入らないのに、あるのとないのとでは、
映像のクオリティが全然違うように感じられるのも
ジングル差し込みの面白いところだと思っている。

では、我々プロはジングルをどんな風に作ってるのかを解説しよう。

 

03.ジングル制作でまずはじめにやること

詳しい作り方はそれぞれのデザインや構成によっても変わるため割愛するが、
ここからは弊社ムービークリエイターの采女に直接聞いてみたので
インタビュー形式で進めさせて頂く。

 

沙希子「ジングルづくりは何から始めるの?」

采女「えーーと。デザインを決めます」

 

うむ。しょっぱなから初心者泣かせの回答だ。

 

沙希子「それは映像の着地点を先に決めちゃうってこと?」

采女「そうです。まずはどんな見た目になるのかを決めなきゃ始まらないです」

沙希子「采女的に一番苦手な部分?笑」

采女「ですね。。なのでグラフィックデザインができる人にお願いしたりします」

 

グラフィックデザインが難しいと思う方も多いとは思うが、あまり深く考えず、
自分のチャンネルのタイトルロゴを作るような気持ちでトライしてみてほしい。
要は、文字の打ちっ放しでも良いのだ。

例としてillustratorを使用し、簡単な文字組を作ってみた。

 

04.デザインが決まったら音をイメージする

 

沙希子「デザインが決まったら次は動かす作業に入るの?」

采女「いや、わたしは音から決めます」

 

音!?
次は音なの??(もちろんこれはクリエーター采女のやり方です)

 

采女「実はここに一番時間かけてたりします」

沙希子「え?動画制作じゃなくて音探しに時間かけてたの??」

采女「デザイン見ながら、SE(効果音)や短いアタックのある
   曲を探して頭の中で動かすイメージを膨らませています」


一般的にジングルには音が入ってることが多い。
音と映像の相性が悪いと、映像のクオリティも一気に下がる。
たった数秒なのに、音は結構重要なポジションだ。
その点から言っても采女のやり方は理にかなってるように思う。


05.After Effectsで動きをつける

沙希子「音が決まったらいよいよ動かす!」

采女「そうです。この時点でどう動かすかは決まってるので、
   パッパッパーって感じです笑」

沙希子「本当は、そのパッパッパーを詳しく聞きたいところだけど。」

采女「秒数もだいたい3秒〜5秒なので動かせる範囲も決まってますし、
   最終的にはいかに気持ちよく動いて着地するかがポイントですね」

沙希子「目が離せなくなるような動きって大事だよね」

采女「そうです!」


短い映像なので、実はそんなに凝った動きじゃなくても、
音とちょっとしたアクションでも印象的なジングルは制作可能。
例えば、スケールの調整のみでもこんな風に簡単なジングルは制作可能。
どんなにシンプルな動きでも、ピタッとハマったSEが助けてくれるのだ。

例えばこんな感じ。(aftereffects)

 


※効果音は「効果音ラボ」さんからお借りしました

06.まずは簡単なものでいいから作ってみよう

具体的な作り方は割愛するが、とにかく「作ってみよう」とういことだ。
ポイントは「音」にある。
著作権フリーの効果音などをいろいろ探して、
配信タイトルやデザインと合わせてみるだけでもいいと思う。
あとは、簡単な編集ソフトをお持ちであれば、
そんなに難しいことではないはずだ。

とはいえ、プロの采女が作るジングルは「普通にすごい」。
よりかっこいい効果のあるジングルを作りたい場合は、
餅は餅屋ってことだなあ。


07.采女の作品をご覧ください

 

<おまけ>

じゃあWiLL PLANTにジングル制作を依頼したい場合、実際いくらかかるの?
という疑問にお答えしよう

だいたい30,000円〜になります。

正直内容にもよりますが、フルオリジナルでこの感じです。

これを高いととるか、安いととるか。
(高いって思う人の方が多いんだろうなあ)

映像制作って一筋縄ではいかないもので、奥が深いんです。

みなさん、是非自分でもトライしてみよう!

 

writing by SAKIKO